シェアする

好きな人ができて旦那と離婚。家を引き払う時に置いてあった1通の手紙が突き刺さる

シェアする

【スポンサーリンク】

old-letters-1082299_640

好きな人ができて旦那と離婚。家を引き払う時に置いてあった1通の手紙が突き刺さる

私は一年半前に離婚しました。 
4年前の夏に私は他に好きな人ができ、それを旦那に話して、別れたいと言いました。
普通の男性ならそこで怒って切れる人が多い中、前の旦那はそれを許すから戻ってきて欲しい、
今の苦しみより別れるほうが辛いから、と言って必死に別れたくないと言っていました。 
でも当時の私は勢い付いてとめられない状態で、何が何でも離婚するの一点張り。
私が別の男性と一緒に暮らしていても旦那の気持ちは変わらず私のことを好きでいてくれました。
私はその男性と別れ、実家で生活していて、とうとう旦那との離婚調停もはじまりました。

昨年春 離婚後一緒に暮らしていた家を引き払う時に旦那が先に家を出て、
私が最後に片付けに行った時一通の手紙が置いてあり、
その内容は私の事を責める事など書かれておらず、幸せになって欲しい、との文章がつづられていました。
私はそのときどんなに私にとって大事な人か、必要な人かがわかりました。

それからメールをたまーにして、昨年暮れから何回か食事に誘って一緒に行きました。
それで、この前やり直したい気持ちを伝えたら もう無理との事、友達ならいいと・・
でも旦那が私の事を忘れるのに3年くらいかかったのだから、そうしたのは私だし、すごい後悔しました。
でも、今は冷静に考えて私には必要な人です。 
あんなひどい事をして傷つけた傷はそう簡単に消えないですから
今は少しでも心を開いてもらえるよう努力していきます。

本当に大切な人は、失ってから気づくものなのでしょうか・・・

傍にいる大切な人を大事にしていきたいものですね。