シェアする

娘と酔いつぶれるまでお酒を飲んだお父さん。その理由は愛情で溢れていた

シェアする

【スポンサーリンク】

娘と酔いつぶれるまでお酒を飲んだお父さん。その理由は愛情で溢れていた

娘と酔いつぶれるまでお酒を飲んだお父さん。その理由は愛情で溢れていた

娘をもつ父親は、いつだって娘のことが心配です。
でも、どのように伝えたらいいか・・悩んでいるものです。
そんな父親の不器用ながらも、シッカリと気持ちを伝える
そんな愛情で溢れた行動に涙が止まりません。
その理由を知ったとき、アナタは何を感じますか?
どうぞ、最後まで読んでみてください。

https://twitter.com

Twitterから文章を引用し記載します。

ある日父から
「麗子たまには、お父さんと飲みに行こう。何でも好きな物食べて何処でも連れて行ってやる 。チョットおしゃれしてこい」
と言われた。
面倒のような気もしたが、その頃、夜の街に興味も有り、出掛けた。 町に出る車中で父が言った 。
「今日はトコトン飲むぞ!!もうダメって程飲め。お父さんが責任持つからな アホみたいに飲もうぜ」
おいおい、いいのかよ・・・お母さんに怒られるぞ~ などと思ったが、お父さんが責任持つんだからいいか・・・
1軒目 父行きつけの串焼き屋に到着。女将の「みっちゃん(父)が彼女連れて来ちゃったかと思ったよ~」
の1言で気を良くした父は2軒目から彼女だって事にしろよ!
と完全に舞い上がった様子。二人でかなり飲み店を後にする 。
2軒目 父の行きつけのクラブに到着。
父のご指名の女の人に「娘さんでしょ?」とアッサリ見破られるも、
これまた上機嫌。
「俺に似てるんだよなぁ・・目が似てるからなぁ・・」
要らぬ説明をし、嬉しそうに飲み続ける。
3軒目 父の行きつけの寿司屋に到着。
大将に「いいなぁ娘と一緒に飲みに行くなんて 幸せだねぇ。
親父の夢だよなぁ」等言われ、またもやご満悦。
「好きなもん喰えよ たまにしか一緒に来ないんだから」と父。
初めてじゃん・・・小さな見栄。。張ったな。。。
4軒目 父行きつけの居酒屋。この辺はもう覚えていない・・何を飲んだかも・・話の内容も・・。
5軒目 父行きつけのスナック。
まったく覚えが無い。
カウンターにつっぷしダウン。
父はタクシーを呼び私を背負ってくれた。
この時一時的に意識を取り戻し、
「気持ちいいなぁ・・お父さんゴメンね 酔っ払っちゃった」
「いいよ。寝てろ」
朝、目覚めると部屋のベットに寝かされていた。
父と顔を合わせるのが気まずい・・・
リビングに行くと父はもう出掛けていた。
母に広告の裏に書いた手紙を渡された。

父がなぜ、酔いつぶれるまで、飲んだのか・・
その理由に涙が止まりません。

★続きは、次のページへ⇒